税理士にしかできない業務って何?

いわゆる「士業」のひとつでもある「税理士」ですが、実際には税理士はどんな仕事をしているのでしょうか?
税理士の業務としてすぐに思い浮かぶのは「確定申告」だと思いますが、この業務も含めて「税務相談」「税務代理」「税務書類の作成」が税理士法による独占業務となっているそうです。
税理士はこの独占業務で経営者をサポートしていますが、もしこれから自分で事業をスタートさせる場合にはなるべく早めに顧問税理士を見つけて二人三脚で事業をスタートすることが望ましいようです。
もし「税理士はそのうち追い追い決めればいいや」とのんびりしている社長さんの多くは結局売上や経費の管理ができていなかったり、請求書や領収書などもバラバラで経理業務が全然できていなかったり…するそうです。
そのため会社を始める時点で顧問税理士を見つけておき、最初の1年、そしてこの先も一緒に会計・決算に備えていくことが理想なのかもしれません。
最近は税理士のマッチングや紹介サービスの会社もたくさんありますので、まずは自分にはどんな税理士が必要なのかについてじっくり検討し、税理士紹介サイトなどを利用してみるといいでしょう。