DVD作成で失敗したので、これからはブルーレイにします!

SNSで知り合いになった、同じ芸能人のファン友達がいます。
私は四国に住んでいて、その友達は東北。
もちろん会ったことはないですが、SNSやメールでのやり取りは本当に楽しいです。
ある日、好きな芸能人が出ている映画がテレビで放送されたのですが、その友達の地域では放送されませんでした。
「一部地域を除く」ってやつです。
私も同じ経験があるので、あれほど悔しくて悲しいことはありません。
友達の気持ちが分かるので、彼女の分もダビングして送ってあげました。
DVDにダビングして送ったのですが、なんと「再生できない」と言われてしまったんです。
ファイナライズもしていたし、友達のおうちにあるプレイヤーの対応ディスクだと確認もしていたのに…。
詳しい友達に聞いたら、DVDだとまれにこんなことがあるみたいです。
それ以来私は、ブルーレイを利用するようになりました。
もちろん、ブルーレイ対応のプレイヤーを持っているかどうかを事前に聞きますが、対応している場合は必ずブルーレイにしています。
ブルーレイはファイナライズをする必要がない上に、「再生できない」と言われることもなくなりました。
ディスクを作成するなら、断然ブルーレイですね!